古本の買取値段の相場は意外とよく変化する。

読まなくなった本を古本を扱っているお店で買い取ってもらう経験は誰にでもあるはずです。古本の買取値段は本屋の品ぞろえの状況によって日々変化しており、相場の値段からかけ離れた買取値段を提示しているところもあります。特に、一気に本を大量に売る人は気を付けてほしいです。大人の余裕なのかもしれませんが、一冊一冊の本の値段を気にしない人が多くいるようです。いわゆる「売れている本」の値段が変動しやすく最近の本は注意が必要です。話題の本であったり最新のマンガ、さらに少し昔のマンガであっても最近アニメ化したことで人気が復活したとかそういう本は気をつけなければなりません。古本屋も客を呼び込むために品ぞろえを意識しています。だから足りていないけども売れ筋の本は相場よりも高く買い取ったりしますし、逆に余っている本は相場よりも安い値段で買い取ったりもするのです。


古本の買取相場を調べるには

古本の買取相場を調べるにはどうしたら良いのかといいますと、いくつか方法があります。まずは、実際に複数の店頭販売のショップまで足を運んで、買取価格表を見ることであります。今どのくらいの本が、どのくらいの価格で売れるのか分かります。学生ならば自宅や学校近くに複数のお店があればすぐに行けますし、社会人ならば会社近くに複数のお店があれば、こちらも簡単に帰宅する途中に行くことができます。こういったケースであれば、直接店頭まで行った方が複数の店舗の最新情報を得ることができます。一方、他の方法で調べるのに最適なのがインターネットサイトを検索することであります。インターネットサイトには、店頭販売をしているお店がHPを設けている場合と、古本の買取専門サイトの2種類があります。これらのサイトを見れば、だいたいの相場価格というのを知ることができます。


古本の買取相場はいくらくらい?

要らない本は古本屋に売って処分する方も多いと思いますが、あまりの買取価格の安さに落ち込むこともあると思います。古本の相場というのは、だいたいいくらぐらいでしょうか。値段は基本的に、本の状態と古さによって決まります。汚れやキズが付いていたり、カバーが無くなっている本は値段が付きません。また人気作ではない限り、発売から2年以上経ったものはほとんどお金にならないと言ってもよいでしょう。そして、買い取り価格が付く本は、定価の1,2割ほどで買い取られることが多いです。値段が上がるのは、新しいものや人気のもの。また、買取店の在庫状況によっても変わってきます。つまり店によっても違うので、価値の高い本を売りたい場合は、事前に売りたいお店でその作品が需要があるか調べておくと良いです。販売時の本の定価が105円、または108円以下の本は、ほとんど利益が出ないので値段が付きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*