インターネットで古本を売るときの買取の相場

私は普段自宅にある古本を処分しようと思ったとき、基本的には町の古本屋さんにもっていきます。そのときの買取の相場というものはばらばらですが、そのほとんどの種類は非常に安価な値段がつくことがほとんどです。それがいやだなと感じたときは、インターネットを使ってオンライン上で本を販売するようにしています。もちろんオンラインだからといってみんなが高値で売れるわけではありませんが、その中にはたまにとんでもない金額がつくものがあります。いわゆるお宝本といわれている商品だそうです。もちろん私はそんなことはまったくわかりませんのでとりあえず出しているだけなのですが、とんでもない金額がついた時などはもちろんうれしいものですね。夫には内緒でお小遣いにするようにしています。そしてそれをこっそりためて何か買い物を使用かなと考えています。


古本の買取相場について。

本を買うと単行本などは一冊買えば、次々と揃えたくなり気づいた時にはかなりの冊数に増えていることも多々あります。そのようなことが繰り返されていけば膨大な量となり、段々処分に困ってしまいます。そのような場合は古本の買取店に持ち込むと良いと思います。最近はあちこちに本のリサイクルショップが出来ていて、そのお店お店によっては買取の際の基準がかわります。基本的に本は日焼けしておらず発行されてから日が浅ければ浅い程買い取ってくれやすいですが、文庫本等は単行本にくらべてあまり流通がないためどこのお店でも買取の相場は低く、大体同じ様な金額になります。単行本は少年漫画等の人気本であると新刊で買った時の半額ぐらいが大体どこのお店でも相場になっています。古くても現在あまり流通していない等の場合によってはかなり高額で買取してくれる場合もあります。


古本の買取の相場に関して。

よく漫画等を古本屋に売りに行きますが、古本の買取の相場は、だいたい一冊50円くらいです。本の状態にもよりますが、それが一番多かったと思います。しかし、もっと高い時もありました。その漫画が映画化して大変話題になっている時でした。漫画の状態も良く、全巻揃っていたので、一冊200円くらいでした。少しだけ本のカバーに折れ目があってそれ以外は高く買取してもらいました。なので、本屋が何を欲しがっているか、その本屋に通う事も大事だと思います。高額買取の情報は、逐一紙で貼り出されているからです。または、希少価値の高い、昔の漫画家も良いです。そしてあまりにも傷んでしまった漫画も、売りに行きます。もちろんお金にはなりませんが、引き取ってもらえます。そうすると、その本がまた誰かに読んでもらえるかもしれないからです。それはとても良い事で古本屋をいつも活用させてもらっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*